商売繁盛倶楽部メール017:知名度アップ【広告を考えよう】

meki 2013年5月7日

 

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇<< 商売繁盛倶楽部メール017  :知名度アップ>>

◇【広告を考えよう】

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

~ 身近な広告作戦 ~

広告と言うとマスメディアを使った広告をイメージしがちですがさまざまな形
があります。

身近なところでは「チラシ広告」があります。また予算を限定したネット広告
ではGoogleなどのアドワーズ(検索連動型広告)があります。
例えば「保険見直し」で検索をした人に「自社の保険商品」を表示させる広告
です。アドワーズの場合お客様がクリックした回数で広告料金を支払いますが
上限予算を決められ、1万円といった低額予算でも広告ができるようになって
います。

Googleと同じようにFacebookでも地域や属性を絞り込んでバナーを表示させる
形の広告もあります。予算があればぜひ広告にはトライしてみてください。

yell

広告を行う理由は認知を高めるために何らかの露出が必要だからです。人は複
数のメディアから情報を得ると信頼する傾向があります。

例えば「新聞広告」で見たものがテレビ放映され、インターネットでも見ると
安心します。接触頻度の問題もあるのですが複数のメディアから情報を得て、
見慣れてくると、その情報が間違いないものという確信に変わっていきます。

「何度も見て頂いておなじみになる」ことは無駄ではなく大切な事なのです。

広告の基本はここにあります。
同じ話を何度でも聞いて頂けるように短いキャッチフレイズにしてしっかりと
覚えて頂く。それはテレビやラジオの世界だけではありません。

リアルにでもチラシや名刺。シールやカレンダー。ちょっとした広報物など
様々な形で「会社名を覚えてもらう努力」をしていく必要があります。
広告なんてまだまだと考えないで、今からでも始めてみましょう!

広告メッセージが出来たら、まず手始めにホームページに掲載してみてはいか
がでしょうか。ワープロで作成しコピーしたチラシをお客様に配ってみる所か
らスタートしても良いと思います。

小さな努力の積み重ねでも認知は確実に進んでいきます。

インパクトのある表現をお望みであれば弊社にお問合せ下さい。良いアイデア
をご提供して参ります。

次回は、5月13日(月)の配信となります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆新しいお客様づくりに最適!
 定額制「ホームページ運営更新のサービス Upple(アップル)」
 http://web-ouen.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この度、弊社では「ホームページ運営更新のサービス Upple(アップル)」の
ご提供を始めました。このUppleサービスは月に一度、定例日を定め、お客様をご訪問。
ホームページについてのあらゆるニーズを直接お聞きし、ページの追加や更新、
バナー作成など様々なホームページ運営サポート作業をまとめて月額3万円の
定額でご提供するサービスです。

●Uppleサービスをお勧めする7つの理由 http://web-ouen.com/merit.html

Webdesign, Templates, Werbung, Präsentation, Design, Auswahl

一部の大手企業を除き、中小の会社では更新が滞っているホームページが大多数を
占めており、定期的に更新されているサイトはそれほど多くありません。
しかし、適切に更新されているサイトこそがネット上で選ばれる存在であることが
より明確になってきました。貴社にネット上で選ばれる会社となって頂くために
弊社担当が毎月、貴社を訪問いたします。追加コンテンツを確認、情報を頂いて
サイトのデザインの中に組み込みサイトの鮮度感をより高めて参ります。

アンカーがホームページの仕事をしているのは「ホームページが最強の営業ツール」だと
信じているからです。ホームページが良くなって、来訪者が増えれば問い合わせは必ず増えます。
来訪者・問合せの増加を実現する方法を考えた時にUppleサービスが産まれました。
私たちアンカー社にホームページの事を任せてもらって、お客様には営業に全力を
尽くして頂きたいと考えています。お客様に売って頂きたい、選ばれる存在になって欲しい。
その願いから私たちは Uppleサービス をご提供しています。

———————————————————————-
◆  商売繁盛を支えるITカンパニー
◆ アンカー・アンド・カンパニー株式会社
◆ 大阪市天王寺区舟橋町2-6
◆ TEL: 06-6766-3681 / FAX:06-6766-3682
◆ http://anchor-company.asia
———————————————————————-

コメントは受け付けていません。